2010年02月14日

ペブルビーチで石川遼 予選落ち

 石川 遼がぺブルビーチで予選落ちしたそうだ。

ぺブルビーチといえば3つのコースがあるのをご存知だろうか?

(1)ぺブルビーチ
(2)リンクス アット スパニッシュベイ
(3)スパイグラスヒル

共に海岸線の風が強く難しいコースである。  

小生は15年ほど前に米国出張の際にアメリカ人3人と回ったことがある。
(2)のコースである。  フェアウェイー方向とかティーグランド横に鹿が現れたり、自然たっぷりなコースである。  危うく打球を鹿に当てそうになったものである。  また、コース内を一般道路が続いているので、2打目以降を打つ際さいは注意が必要だ。 小雨で風が強くスコアーがさんざんだったのを覚えている。

 キャディーはニッカーボッカーを履いた青年でプロのキャディーという風でアドバイスは的確だった。  チップは一人当たり45ドルだった。 いい稼ぎだ。

 サンノゼ(サンタクララ)から車で1時間ぐらいの距離だったと思う。
帰路はマルガリータを飲みすぎて車中で眠ってしまった。

 兎に角風光明媚なところなのでオススメしたい。
posted by けんちゃん at 11:45| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカートの起源

 ふと思った事ですが、何故女性はスカートをはくのでしょうか?

なにも厭らしい意味で決して考えた事ではないが、何故寒い時も女性はスカートを履くのだろう? もっともズボンを履く人もかなり増えてきましたが。 まてよ、年齢があがるに連れズボン派が多いように思われる。
中年以降でスカートを颯爽とはいているのはお出かけの時かフォーマルな時ぐらいだろう。

 ということはスカートを着用するという事は生理的理由によるものでは無いようだ、つまり男性に比べて股間温度が高くそれを下げる必要性からスカートが出来たのでは無いようだ。  すると、やはりファッションの為なのかな。  つまり、若いときは脚も美しく、異性の注意を惹くのが目的だろうか?
異性の注意を惹くこと、つまり子孫の繁栄につながるということである。

 ではイギリスの親衛隊は何故チェックのスカートを履いているのか?
よく分からない。 彼等は股間温度が高いのかもしれない。
posted by けんちゃん at 10:31| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

バンクーバー冬季オリンピック始まる

 いよいよバンクーバーオリンピックが始まった。
開会式を生放送で3時間も観た。 何か斬新なショーを期待したが、はずれだった。
 
 祭りといえば、踊り、火、歌がつきもので、これは致し方ないと思うが、人が空中浮遊する演出は2年前の北京オリンピックの演出と同じだった。

 カナダ原住民を起用する方法も、中国の多民族を起用する方法と同じであった。

 コンピューター制御の舞台装置、照明装置は大したものだが、何か昨今のCG映画を見ているようで、目新しくなかった。

 この後はもっと素朴で、魅力的なショーをプロの演出家に期待したいものである。 大体開会式に掛ける時間が長すぎる。 VIP席なんかも不要だと思う。 スポーツの祭典なのだから万人平等であるべきだ。
posted by けんちゃん at 18:17| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。