2009年11月30日

石川遼

 今年は石川遼が大活躍だ。 日本男子ゴルフ界はここ数年人気が低迷していたが、彼の活躍により男子ゴルフの人気がおもむろに復活してきた感がある。 まさに彼は男子ゴルフ界の救世主だ。 まだ18歳の高校生である、今年はほぼ賞金王は間違いないだろう。  長年下積みを続けてきたベテランプロたちはどういう気持ちでいるのだろう。  悔しい以前に何を感じているだろうか? 石川はインタビューも18歳とは思えないしっかりした受け答えをしている。  英語力もついてきたようだ。 それなりの努力をしているのだろう。 テレビコマーシャルにもかなり出演していて、かなりの収入であろう。 サラリーマンが一生かけて稼ぐ額を年間で稼ぐのだから世のお父さんたちも”やってられない”思いであろう。
posted by けんちゃん at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

桂林の川下り

 中国の桂林を訪れた。 観光写真等でよく観る幻想的な景観はそのままであったが、3階にデッキ付きのわりと大きな観光船でLi River
(サンズイ辺に離と言う字の左部分+江)をゆっくり下っていくのだが、水量が少なく所々で船底がザザーと擦るのには驚かされた。

 幻想的な風景はモヤによるものだが、快晴で湿度は無いにもかかわらず、霞んでいる。 空気が汚れているのだろうか。
DSC03484.JPG
 途中、竹で組んだ筏に乗った物売りが何度も船腹に横付けして大きな声を張り上げて商売をしていた。 鵜飼は飼いならした鵜にパフォーマンスをさせて、船客にチップをねだっていた。
DSC03493.JPG
 このように、観光写真に有るように静かな光景では有るが、なかなか騒々しいもので有った。

 川下りの終点、陽朔で下船し観光したが、イザリの乞食とか背中が前に 180度折れ曲がって歩いている人等、50年以上も前の日本を思い出させた。

 又乗船前の桂林のホテル界隈でも夜になると日本でいうと小学校低学年ぐらいの少年がしつこく、まとわりついてきて花を売ろうとしている。 そのアプローチの仕方はもはや子供のものではない、日本の終戦時の孤児はこのようなものだったのだろう。  嫌な思いをした。 この子供達はどこかから誘拐されてき、働かされているらしい。

 GDP2位の国とはいえ、格差の多きことに今更ながら驚かされたもんだ。
posted by けんちゃん at 16:43| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

ナニコレ珍百景

 丹沢山系大山の帰途神奈川県伊勢原市で見つけた神戸と直ぐ傍に三ノ宮という地名。  早速番組に応募した。  さて採用されるやら?
続きを読む
posted by けんちゃん at 11:41| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。